アンテナがしぼむと、視野が狭くなって、よくわからなくなる。

悲しい気分にばかりなってはいけない、それは何も生み出さない、といわれてもね…

コンビニで、端数のおつりを寄付する機会が増えたりしてます。

何も関係ない店員さんでも「ありがとうございます」っていわれたら、うれしい。

いろいろあるけど、やっと、ちょっとだけ、見えた気がした。

http://togetter.com/li/114133

負けないよ。
勝たないけどね^^負けないよ。

復興に向けての応援メッセージ、寄付、それはすばらしくて、前向きな姿勢はすごいことだけど、

「あまりにも、みんなが同じ方向を向いてしまうと、戦時中のようなこわさを感じる気もするんだけど、へそまがっているのかしら?」

と、ある意味、被災地の母。

そんなことないよ~と、曲がっているのが普通なのか…的な親子なのですが、親子は必ずしも同調というわけではなく、緩やか~って感じで、二人それぞれ意見はあったりしますが、大枠でふむふむしていて、ここだけだったら、まったく二人は大多数意見でひねくれていないわけです。

ただね、テレビの報道の仕方とか、いろいろ、思うこと言ったら不謹慎?と母がいうのですが、全然そんなことなくて、普通でしょ~って、思ったりするのです。

常識ないから、不謹慎かもっていってくれる人がいないとわからないけど、それが不謹慎であったならば、それでいいじゃないかと思うわけですよ。
美談に酔う風潮は嫌いです。

協賛できる企業は、せめて協賛することで、正しい情報をどんどんお願いしますよ~って感じで。

そんな中、喫煙者はボランティアに来るな、みたいなツイッターとかを見つけて、驚きましたよ。
すげ~、一見すると(しなくても)見目麗しき団体様のようです。

その方達にとっての、原発はどんな位置づけなのでしょうね?
その場では吸っていないけど、吸った人が近くに寄った場合の人体への影響とか、ほうれん草へのたばこの影響とか、はかってほしいですね。

そのうち、酒飲みはボランティアにくるな、毛が濃い人はボランティアに来るな、
(以上、絡むから…いろんな意味で)
加齢臭がある人はボランティアに来るな(臭いから。他人の影響を考えて)、金持ちは被災地を訪れるな(卑屈になって、心的ストレスを与えるから)…などなど、おもしろいこといっぱいいう人が増えるんでしょうか?

ものすごく、力がわいてくるのがわかりましたよ^^

たぶん、自分ができることとか、ぼんやりと見えてきました。

ぼんやりすることは大事。
もうちょっと、ぼんやりしときますね。

スポンサーサイト
2011.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://news70.blog49.fc2.com/tb.php/134-a0b07f40