上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
◆新年はいっぱい休んで引きこもってたわ~っで、年末に珍しく掃除がんばったのにもう、面影なしな感じでちょっと悲しい今日この頃。

◆ブログ書く前に、他の方のブログを見ていたら、テンションアップの情報が!

 その方は漆塗りをして、パッと受ける印象はとても気持ちが凪いでいて、でも自分がしっかり…みたいな感じで(よくは知らないけれども)いつもぐだぐだ(行動)、ピーチクパーチク(おしゃべり)、ちょこちょこ(集中力ゼロ)な自分とはほぼ同い年なのに大違い。
 おいらが割った陶器を金継ぎで再生してくださったステキな方で、どうやら1月下旬にこちらで展示会やら金継ぎやらいろいろをギャラリーでやるみたい。

 楽しみだな~

 きちんとコツコツ形にしていくって、尊敬する。
 どう見習っても自分はそうはなれないだろうけど、そういう職人さんの志でありたいな~と思う今日この頃。

 他の人の意見は大切だし、もちろん柔軟であるべきだけど、自分の芯は揺らいではダメだよね…きっと。

 ま、いまさらですけど。

◆いろんなことを考えはじめたらもちろん切りはないけど、ある狭い価値観とか狭い世界であるとかとは、スコーンと抜けたいな~というのはずっと思っているんだけど、あらためて。

◆まあまあ、どうなることやらですが>^0^<☆




(おまけ~)
 久々にある本を読んで、文庫だったのでその解説ではその本のことを理路整然と説明しているんだけど、その解説は解説で素晴らしく、とても博識でへえ~って思ったんだけど、実はその本の本当のおもしろさは何一つ伝わっていないのではないか?という、おもしろい読書をしました。

 それが小説家と評論家の違いなのか、男女の違いなのか。
 その評論家(男性)は前から「この人がお薦めなら」という人だったのだけど、今回は定規とカッターでおもしろい部分をシャー、シャーって切り落としてしまったような解説の印象で。
 ※ただ、その解説者は切り取ってしまっているのではないか?という危惧を感じさせるところがありましたが。

 そんな理屈がなくても、自分は十分ストンとおもしろかったから。

 でも、その小説のすごいところは、そこまで計算されているかいないかわからないけど、そういう人までも納得させてしまうほどおもしろい、という力を持っていること。

 今年はなるべく丁寧に妥協しないで、自分のやることに輪郭を持って行きたいな~、と感心しつつ思った次第。
スポンサーサイト
2012.01.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://news70.blog49.fc2.com/tb.php/147-72affaae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。