■ふと、更新してみるか、と思ったところ、本人にもかかわらずパスワードがわからないという悪夢。

 さらに、秘密の質問を設定していないがゆえに再設定もできないという悲劇。

 なんか、更新しようと思ってアプリをスマホに入れたような、、、から、その時トレンドだったパスワードを入れたら何とかは入れたものの、新しくパスワードを設定しろという。byFC2

 パスワード管理術で読んだパスワードの組み合わせで登録しようと思ったら、簡単すぎるのでダメと言われる衝撃。

 また、忘れる自信しかない、というような羅列パスワードを再設定して、秘密の質問を入れたけど、これってかえって個人情報を渡す結果になったのではないかしら、、、という懸念。

 AIが口を滑らせる時代です、、、

 簡単すぎる、というパスワード判定も、個人のプライバシーを引き出すための手法かもしれない。

 プログラムを組んだのは人間なんで、意図しているいないに関わらず、気持ちがこぼれてしまっていたということは否めないと思うのです。


■ここにきて、人の嫌気にさらされている。

 ものすごくしょうもない。

 と同時に、ある時期を超えてからあまりそういうことはなかったし、割と自分が善意思考であるのだな~ということをしみじみと感じております。

 もちろん、悪意というか嫌気、悪いマイナスイオンに出会うことがあっても、別に聞かなきゃいい、知らなきゃいいわけです。

 それが、直風を浴びてしまって、ものすごく怒りっていうんですか、南野陽子でいうところの「おまんら、許さんぜよ(怒)」になっております。

 ただ、冷静さを失ってしまうと全くいいことがない、という負の轍を踏んでしまってもいるので、そこは感情に負けてはいけないと思っております。

 もし、これが嫌気にあたったことが一回もなかったら、へこんでいたのかもしれないし、吐き出せる友だちがいなかったら飲み込まれていたかもしれない。

 ありがたいな~と思いながら、夜中に話を聞いてもらい、ラインをしてぶちまけ、今は負ける気がしない。

 「怒らせた相手が悪かったね」

 という言葉とパイセンが心の支えです。

 そして、自分は自分なので、心を穏やかにして、きっちり積み上げていくしかないのです。

 かわいそう、という言葉は失礼なのかもしれないけど、自分本位の世界で優位性とか支配とかしか考えられない人は、かわいそうというしかない。

 でも、その人に支配をされそうになって、その世界が明らかに理不尽であれば声を上げるしかない。

 昔、自分が作る世界に悪い人がいないのは偽善だ、というご意見をいただいたことがあったことをぼんやり思い出しました。

 悪意と、悪い人っていうのは、違うんです。

 嫌気を浴びせるからと言って、その人が悪いとは思わない。時に、かわいそうって思う。

 書いていて、ふと、この小さい世界がとある○○町で起こっていることと重なってきているような気がしました。

 暴力でも、権力でも、金や欲望でもない戦い方があるということを、見せるしかなさそうです。

 渋々~~~www

 だって、相手にするほどじゃないから。


■物理的に職場を変えたり、移動をすると、必然的に見えてくることがあります。

 いろんなタイプの人がいるだろうけど、自分は体験していくことでしか腑に落とせない。

 頭でっかちで何もわかってなかったんだろうな、とも思うし、それでいて、大元は何一つ変わっていないことにも驚かされます。


 ただ、本を読まない、テキストを書かない生活をするとその部分の運動神経がかなり衰えて、何もできなくなっているのにこれまた驚かされます。

 仕事以外でパソコンもほぼ打たないスマホの生活、テキスト能力の低下、、、

 先週、思ったことダダ洩れで何も考えずに人に送った仕事メールの怖ろしかったこと、、、

 多忙っていうのは、性に合わないです。

 ほぼ一服中くらいがちょうどいいんです。

 一服する場所をキープしておかねば。


スポンサーサイト
2017.08.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://news70.blog49.fc2.com/tb.php/173-4730b9a1