◆たぶん、東京Ne+wSは仲がいい。

 どれくらい仲がいいかというと、二人揃ってインフルエンザにかかるくらい仲がいい。

 もちろん、型も同じB型のインフルエンザ。



 自慢じゃないが、今までインフルエンザとか、かかったことはない。

 ちなみに、水疱瘡もないし、おたふくもない。

 はしかは・・・あるかもしれないが、記憶にない。



◆なので、病名聞いただけで「もう、だめ。死ぬ」という気持ちでいっぱい。

 それ以前に、悪寒がしてだる~くなって、熱がぐんぐん上がってきた時点で、もうだめ。

 もちろん、無理はしない。(きっぱり)

 速攻病院行って、かわいい看護婦さんに「お大事にね」と笑顔をもらって、ポカリとかおやつとか買いだめして、3日くらいは家から出ないくらいの準備をする。

 (こういうときは準備万全)

 他にも「もうだめだよ、インフルエンザだよ」と、同情を誘うメールをしてダメ度をアピール。



 で、話題のタミフルですよ。

 すごいのね。

 こりゃ、備蓄したくもなるね、ってくらい、よく効く。

 ひどくなるぞひどくなるぞ・・・と心配しているのが、ちょっと気抜けしてしまうくらい。

 タミフルない時代にインフルエンザにかかった人は、さぞや辛かっただろうな~



◆かくして、それほどの被害を被らないうちに人生初インフルエンザを終えた。

 が、しかし、我慢強い相方のインフルエンザはしぶとい。

 なまじ抵抗しただけに、インフルエンザにも意地があるんだろう。

 そう簡単には治してやらないぜ!って感じで、辛そうだ。

 まあ、わたくしがインフルエンザの立場だとしてもですね、

 辛いのに「これくらい大丈夫」なんて、がんばられた日には

 「おいらのことをなめんなよ。おいらの威力を思い知れーーー」と、逆にがんばっちゃうかもね。

 オレは、タミフルに負けるようなインフルじゃないぜ!

 ってね。

 というか、辛いのにバイトとかしてる。

 熱は下がったからいいんだって。

 大丈夫かしら?

 今度はA型インフルとかが「Bでダメならオレが行くぜ」なんて、相方に襲ってきやしないかと、少し心配。



 声を小さくしていいますが、インフルエンザとかには負けておいたほうがいいと思うんです。

 オリンピックも仕方がない。

 お酒はぬるめの燗がいい。

 肴はあぶったイカでいい。

 でも、馬券は買ったほうがいい。
スポンサーサイト
2006.02.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://news70.blog49.fc2.com/tb.php/31-1937d141