◆秒殺。気を許して床に転がろうものならもちろん、テレビを見ているときも、ちょっとぼんやりしているときも、気が付くと睡魔にやられている。ハッと気が付くと、それまでとは違う状況(夢とは違う状況)を把握するのに時間がかかったり、あたりが暗かったり明るかったりで時間を把握するのに時間がかかったり。要するに寝ぼけてる時間が長いってことなんだけど。いくら怠け者でもこれでは普段の生活に支障をきたすというもの。「ここで転がるからいけないんだよな」と思いつつ、机に頭を乗せてしまう自分・・・「しりとり竜王戦」を始め、見たいテレビを軒並み見逃し、珍しくあるやることを放りっぱなしの毎日に「まずは更新から」と気合いを入れたら、ずいぶんHPなるものを見ていなかったので、それを見るだけでずいぶんと時間を費やしてしまった。もちろん、途中ですらすらHPを更新している自分の夢を見ながら。



◆あまりにも天気が良いので、外でゴロリンすべく近所の公園へ。紅葉を満喫しないうちに木々は葉っぱを落としていたんだなあ。前回の公演があとちょっと遅かったらみんな苦労しなかったかもなあ、などと思いながらかさかさの芝生の上に転がったらひろゆきくん(吸い殻10髭参照)が落ち葉を口一杯に入れながら襟を立て髪の毛をかきあげてスネオ並のポーズを決めている夢を見た。
スポンサーサイト
2004.11.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://news70.blog49.fc2.com/tb.php/7-a74a34dd